\ ポイント最大10倍アップセール! /詳細を見る

保育園生活が終わりました。変わらず息子は父と母が大好きです。

息子は7ヶ月の時から保育園へ通い始めました。

最初はいろいろ思うことがあったけど、終わってみて保育園には感謝しかありません。

息子の成長も思い出すほど涙があふれてきます。

  • 高齢出産で、いつか息子にイヤな思いをさせるのではないか?
  • 他のお母さんと比べて老けていることでいじめられないか?

そんな不安もありました。

でも6年間。息子はずっと父と母のことが大好きでいてくれています。

気にしていた他の子どもの反応も、取り越し苦労に終わりました。

目次

保育園生活が終わりました。変わらず息子は父と母が大好きです。

高齢出産でおそままになった私。

一番気にしていたことの1つが、他のお母さんとの違いです。

それによって、息子にイヤな思いだけはしたくないなとずっと思っていました。

6年たった今いえることは

息子は変わらず父と母が大好き

  • 恥ずかしさで手を繋いでくれなくなったり
  • ギューさせてくれなくなったり

少しずつ変化はあるものの、父と母が大好きでいてくれています。

もちろん、いう事を聞かなくて喧嘩したりはあります。

友達も笑顔で接してくれる

気になるのは、保育園の同級生たちの対応ですよね。

6年間、一度も「おばあちゃん」と言われることはありませんでした。

夫も「おじいちゃん」と言われることはありませんでした。

45歳を過ぎた頃から、自分自身の老化はかなり感じるようになっています。

それでも、「○○くんのお母さん」と笑顔で話しかけてきてくれるカワイイ子供たちばかりです。

夫にいたっては、ファンの子どもが1人いて、明日はお迎えくる?と私が行くと必ず聞かれます

笑顔で子供たちに接すること

私が保育園の生活で気を付けていたこと

それが、子供たちと笑顔で声かけすることです

  • ○○くん、おはよう。
  • ○○ちゃん、髪切ったね。かわいい。

すると、好意をもってくれるようになります。

媚びる必要はなくて、笑顔で接するだけです。

まとめ

いつか変わる時は来るんだから、今を楽しもう。

気にしたってしょうがないです

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる